一人反省会(2019.8.25)

1点目の失点の場面。相手の微妙なファウルを流されてからのカウンターの戻りが遅れての失点。こういう時に声を出すのが遅れたのは大きな反省。

直前に相手CBが明らかに疲れていたのがわかっていただけに、無理なファウルをしてくるのもある程度分かっていたし、それが流される危険性も理解していたが、自分自身も気持ちが前掛かりになっていた分守備への意識が遅れたとしか言いようがない。流れがきている時こそ外から見る立場としては冷静にならないといけない。

審判に対しては信用はしなくても尊重はする。判定は覆らない。次のプレーを常に考える。

さあ、次も頑張ろう。まだ何も終わってはいない。

タイトルとURLをコピーしました