ゲーリックフットボールのルール概要

フィールド・人数・時間など

  • フィールドのサイズはおよそ82m×137m。
  • プレイヤーは両チーム15人。ゴールキーパー1人、ディフェンダー6人、ミッドフィルダー2人、フォワード6人が基本構成。
  • 試合時間は30分ハーフ。ただし、All Ireland Championshipのようなinter countyレベルでの試合は35分ハーフ。
  • ボールの重さは480~500g、大きさは円周68~70cmの球形。ただし、女子や少年世代では一回り小さいボールを使用する。

得点と勝敗

  • 両サイドにゴールがあり、ゴールポストはクロスバーを超えた高さまで伸びている。
  • 相手ゴールにボールを入れれば3点。
  • クロスバー上のポールの間(延長線上含む)を通せば1点。
  • 得点は(ゴール数)ー(1点を取った回数)表記で表す(2-17だと23点となる)。
  • 得点を多く取ったチームが勝者。
  • 同点の場合のルールは大会等によって異なる(引分、延長、再試合、PK戦)。

攻撃のルール

  • ボールを持った選手はボールを保持したまま4歩まで歩くことができる。もしくは約4秒(原文では4歩歩く程度の時間)間ボールを保持可能。
  • 5歩以上歩く前に次のいずれかのプレーを行わなければならない。(1)ボールをバウンドさせる(2)つま先でボールを蹴って受け取る
  • ボールをバウンドさせるプレーは2回続けてはいけない。
  • つま先でボールを蹴って受け取るプレーは続けて行うことは可能(このプレーはゲーリックフットボールにおける特徴的なプレーの一つである)。
  • ボールを投げるパスは禁止。拳か手のひらで弾いてパスをすることは可能。
  • キックによるパスは基本可能。
  • 地面にあるボールは手で拾い上げてはいけない。脚を使って拾い上げなければならない(女子は手で拾い上げても可)。

守備のルール

  • 守備側は両足を地面につけないタックルは反則。肩をぶつけるタックルは可能(女子はこのタックルも禁止)。
  • 相手のボール保持者に対しては片手の手のひらでボールをはたく行為は可能。両手ではたく、拳で叩く、ボールを持って引っ張る行為は反則となる。

罰則

  • 反則をした場合は基本相手にフリーキックが与えられる。
  • ゴール前に描かれた2つの正方形のエリアのうち、大きい方の内側で反則を犯すと、ゴールから13m手前からのペナルティキックが与えられる。
  • 悪質な反則に対して3種類のカード(イエロー、ブラック、レッド)が提示される場合がある。
  • イエローカードは警告を意味する。イエローカード2枚で退場となる。
  • ブラックカードは強制交代を意味する。当該の選手は退場となり、交代の選手が入る。ただし、イエロー+ブラックの場合はイエロー2枚と同様退場処分となる。
  • レッドカードは退場を意味する。

試合の開始・中断・再開

  • 試合開始および後半開始時はフィールド中央で審判が頭上に放り投げたボールを奪い合う(スローイン)。このため、ゲーリックフットボールの試合開始は「スローイン」と呼ばれる。
  • サイドラインにボールが出た時はキックインでボールをプレーエリア内に入れる。
  • 得点が入った後および、攻撃側の選手が最後にボールに触れてエンドラインにボールが出た時は、守備側にボールが移り、守備側ゴール前からフリーキック(キックアウト)。
  • 守備側の選手が最後にボールに触れてエンドラインにボールが出た時は、攻撃側が守備がゴールから45mの場所に引かれたラインからフリーキック(45m)。

タイトルとURLをコピーしました